食品のアレルギー物質の表示義務について

食物アレルギーというのは、身体が特定の食品を異物と判断し、過敏な反応を示します。
その症状は様々で、身体が痒くなったり、咳が出るなどといった症状が多いですが、重い症状の場合は意識が無くなるなどの症状がでる事もあります。
食物アレルギーを持っている人は全人口に対して1%から2%程度であると考えられていますが、正確な人数は把握できておらず、有効な治療法もないためにアレルギーの原因となる食べ物を口にしない事が重要となっています。
そのために、厚労省が2001年に発症件数が多い食べ物や症状の重い食べ物を食品に利用した際に、その食品を使用している事を表示する事を義務付けるようになりました。
現在、必ず表示する事を義務付けられている食材は、卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かにの7品目が義務品目となっています。
その他にも義務ではないが表示する事が推奨されている推奨品目が全部で20品目あります。
食物アレルギーがある人にとっては表示が義務付けられた事は大変役立つのですが、全てのアレルギー物質が記載される訳ではないので、加工食品を口にする際には今でもどのような原材料が用いられているのかは注意深く見る必要があります。
また、表示の仕方が統一されているわけでは無く、卵の事をエッグと記載したり、マヨネーズが用いられている場合はそのままマヨネーズと記載して卵とは表示しない場合もあります。
表示義務の対象外となる場合もあり、例えば、加工食品であってもお店でパンを焼いて対面販売したり、量り売りのお惣菜などは対象外となるために、直接お店の人に聞いてみる必要があります。
この他にも表示されないケースがあるために、アレルギー持ちの人はこの事をしっかりと理解しておいた方が良いです。