紫外線アレルギーの検査抗アレルギー薬による治療

紫外線アレルギーとは、日光アレルギー、日光過敏症、日光性皮膚炎とも呼ばれています。
普通の人が浴びても問題ない強さの日光でも発症することがあります。
発症すると皮膚のかゆみ、じんましん、涙が出るなどの目の異常、頭痛などさまざまなアレルギー反応が出ます。
また一度発症してしまったら完治は難しいと言われている厄介なアレルギーです。

紫外線アレルギーの原因には2種類あります。

長い間日光に当たることによって、紫外線に対する抗体量を超えてしまうことによって発症する内因性がある。
抗体量は人によって違いがあるのでごく少量の紫外線でも発症してしまう人もいます、普段日光に当たらない女性が発症しやすい傾向にあります。
代謝異常や遺伝子異常など体内の異常が原因です。

もう一つは服用した薬や日焼け止めなどが原因で発生する外因性のものです。
薬や日焼け止めなどが紫外線を吸収して光毒性を持ったため発症します、アルコール中速や肝炎などを患っている方は発症しやすくなります。

紫外線アレルギーの可能性がある場合はアレルギーの専門医がいる病院を受診しましょう。
そこで行われる検査は
光線過敏症テストという太陽光に含まれる様々な波長の光線の中で、どの光線がアレルギーの原因か検査するテストを行ったり、服用している薬などの情報を詳しく話したり、接触物質を使った検査、場合によっては血液検査を行ってアレルギーの原因を探します。

治療には抗アレルギー薬や免疫抑制剤の服用、ステロイドなどの外用薬の使用が用いられます。
抗アレルギー薬の服用では副作用のリスクも高くなりますので注意が必要です。
紫外線アレルギーは一度発症したら一生付き合っていかなくては行けません。
抗アレルギー薬などの服用やステロイドの使用など長期間行うことになるでしょう。
医師と相談して自分に合った治療を行っていくことが重要です。