子供の喘息と抗アレルギー薬の重要性

喘息は子供がかかる病気の一つとして有名です。発作性の呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返し起こします。気道において炎症が起こり、狭くなり、過敏性が亢進していることで起こると考えられており、最悪の場合、死に至ることがある病気です。しかし適切にコントロールすることで、呼吸発作を抑え、日常生活に支障ないくらいにコントロールすることが可能です。成長に伴い、気管支が太くなり、徐々に発作が少なくなっていく人もあります。ですから、治らないと悲観的になる必要はないのです。
発作は花粉、ハウスダスト、動物の毛などにアレルギー反応、また運動、感染、ストレスなどが引き金となります。発作のないときでも喘息の子供は、常に気道に炎症を起こしていて狭くなっており、健康な人の気道よりも過敏な状態にあります。ですから投薬治療とともに掃除をする、家族はタバコを吸わないなど子供の生活環境を整えることも大切です。
喘息に用いられる薬は、気道の慢性的な炎症を抑えるための長期管理薬、発作を速やかに和らげるための発作治療薬があり、吸入ステロイド薬、抗アレルギー薬、気管支拡張薬等、重篤度に応じて使い分けられています。通常喘息治療のガイドラインに従って治療が開始され、日常生活に支障がなくなることを目標に定期的に薬を使用し、コントロールしていきます。
使用される薬のひとつである抗アレルギー薬は、長期管理薬に分類され、服用を続けることでアレルギー反応を起こしにくくする働きがあり、アレルギーが原因のアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の場合にも処方されます。すぐに効果が現れることは無く、しばらく続けていくうちに、いつの間にか発作が減った、起きなくなったという効果が現れてきます。
抗アレルギー薬の主な副作用は眠気です。万が一眠気を生じて日常生活に支障が出るような場合には、薬の減量、変更などの必要が出てきますので、必ず医師に相談するようにしましょう。