抗アレルギー薬の種類

抗アレルギー薬は様々な用途に用いられていて、よく知られているものとしては花粉症に使用される点鼻薬や点眼薬、飲み薬などで、直接鼻の粘膜に噴霧することで効果のあるものや、アレルギー症状が起きた時にすぐに服用することで、全身の症状を軽減させることができる抗アレルギー薬などがあります。古いタイプの抗アレルギー薬の場合は眠気が非常に強いので車の運転をする人は飲むことが出来なかったのですが、最近開発されたものは眠気があまりないので、安心して服用することが出来るようになっています。またアナフィラキシーショックが起きた時に使用する抗アレルギー薬は注射としてすぐに使えるようになっていて、自分で筋肉注射することでショック症状を軽減させることができます。抗アレルギー薬は効果はほとんど同じなのですが、体質などによって効き目に違いがあるので、自分にあったものを処方されることが重要なので、眠気などの副作用が強い場合などには医師に申し出て薬を変更してもらうと安心して使用することができます。喘息の症状などが出た場合には公薬とステロイドが処方されることが多いのですが、アレルギー症状を抑えてながら体の炎症を改善することで、気管支のむくみや炎症を軽減させて、呼吸が楽にできるようにします。抗アレルギー薬は花粉症だけでなく食物アレルギーなどにも一般的に使用されているのですが、食物アレルギーの場合には基本的にはその食品を口に入れなければアレルギーが起きないので、頓服薬として抗アレルギー薬を持ち歩いていることが多いのですが、ショック症状を起こすほどのアレルギーが起きる場合には学校や職場に連絡をして、食事などに気をつけておくことが重要です。

■つらい花粉症の症状に→ジルテック

■市販薬も出ている花粉症の薬→アレグラの用法・用量

■アレルギー治療薬を通販で手に入れる→ザイザルの入手方法について